スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事と月のはなし

占星術にお詳しい方から、
「鑑定では(お仕事に関するテーマでした)
月が読まれていなかったようですが・・・?」と、質問をいただきました。
(個別な回答はあらためてさせていただくとして、)

通常の鑑定で月を全く考慮しない鑑定というのは、
どのケースでまずもないと思います。
月を考慮しないヘリオセントリック占星術の場合も、
ヘリオチャートだけ見るということはないので、やっぱり見てますし。


仕事を読むときには惑星でいうと、

こうあるべき理想の自分としての太陽→土星、
そうあるために働く水星、金星、
よし、がんばるぞ~っという推進力の火星、

お約束通りにだいたいこんな感じで進んでいきます。






で、質問者の年齢域の惑星を考慮します。
ついでにソーラーリターンもチラ見します。

で、月の見方は?っていいますと、
基本的には、月は疲れたときに休む場所として見てます。
月は、本来の性格とか、リラックスした時にでる素顔とか、
そんな感じのもので、とってもプライベートなものなので。


とはいえ、
個々のホロスコープでは、多種多様な見方になるわけでして。
月のアスペクトが多い方は、切り離してみることはできないし、
月のアスペクトのない方は、月を孤立させすぎないためのケアを
なにか考える必要ができますしね。

たとえば、
太陽と月がアスペクトをとってると、公私が一緒になって、
休む場所がなくてストレス溜まりっぱなし~!とか、
反対に職場でくつろぎすぎちゃったりみたいな逆転も起きたり、
ってこともあったりなかったり。

月がカルミネートしてたりすると人気運があるね!と言ったりしますが、
これもよかったり、そうでもなかったり。
だって、月がいつも注目を浴びているわけで、やっぱり休まらないでしょう。
人気があればあったで、人気がなくなる心配も出てくるかもしれません。
もとからなければ、失う心配もないですから。


月は感情です。
そして、月は身体でもあります。
心身の安定があってこそ仕事の成功もあるわけです。
仕事なんかどうでもいいよ~ってときだって、
肉体を持って地球で生きる以上、月をないがしろにしていいことはないです。
でも月を重視しすぎると、本分を忘れて心身が楽な方に、
怠惰に流されてしまうこともある。
反対に、ちょっとゆるめてあげないと月がギチギチに縛られていて、
息が詰まってしまいますよ!(ToT)とかってこともある。

あら?結局、ケースバイケースですね!ってことになってシマウマ、(^o^;)





スポンサーサイト

テーマ : 占いカウンセリング
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

河童

Author:河童
河童です。

2014年4月おうし座のサビアンシンボルの絵本を自己出版しました。さし絵は吉田結妃さんの消しゴム版画でございます。タチヨミのページも用意してございますので、どうぞお立寄りくださいませ~。


職歴は、美容師の卵からはじまって、事務員、食堂のおばちゃん、パチンコ店員、居酒屋店員、占い師、介護職歴が一番長いです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
フリーエリア
フリーエリア
カテゴリ
お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。