スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おもしろい夢をみました&占について。

わたしはよくあるんですが、
夢で癒されるという体験をします。

今朝は海の街を車で旅している夢を見ました。

とてもお天気がよくて、
海に太陽の光がはねて、
きらきらさざなみがうっていて、
わたしはこの海が好きなんだ、
ここほど美しい海はない、大好きだーーと、思いながら見ていました。

でも、ツレの運転手の男の人が、
(兄弟とか家族みたいな落ち着く感じのひと)が、
運転が下手で海に突っ込みそうになったり、
ホテルに着いてふたりで街を散歩してたら、
テロ騒ぎが起きていて・・・

で、ツレがなぜか、洗剤の粉の袋を持ってて、
それをキョドって自分で蹴飛ばして、
すると、白い粉がぱぁーっと舞って、
ばくだんの原料か!
化学兵器か!と、警官に捕まりそうになった。
と、いうか捕まってしまった・・・

と、いう夢でした。


海が、とにかくきれいだった。
藍色、青色のグラデーションと、太陽の光のハレーション




今日、鑑定メニューを書き換えたんですが、

ほんとうの話をしますと、
自分ではどうしようもないと思える問題への対処や、
何をしても解消できない生きづらさといったものは、
受けるばかりじゃなくて、同じお金かけるなら、
カウンセリングでもセラピーでも、占いでも、
自分で勉強していったほうがいいんだけどな、って、
まあ、自分がそうだったから思ってしまうわけです。

たとえば占だと、西洋占星術でなくてもいいんですね。
個人的には、インド占星術はすごいなって思ってます。
前世を知り現世に生かすとか、
宿命的なことに関してものすごく強いって気がする。
ジョーティシュは地球を生き切るためのツール、
わたしの印象はそんな感じです。

西洋占術は(と、ひとくくりにしてもいろいろなんだと思いますが)
わたしの勉強する占星術は、
意識の統合を目指し太陽に向かうものだと意識しています。
どちらかといえば、未来的、そんな認識でやってます。



占い好きにはタイプがあるんです。
占う側の人間と、占ってもらう側の人間という、ふたつにわかれるんですよ。



これはどっちがよいとかっていうはなしじゃない。
わたしは占ってもらう人だから、
知らなくていいんだねっていうことじゃないんです。

できたら、勉強してほしいな、っていうのがホンネです。
なぜかというと、
本来占う側でない人が占い師になってることもあるわけです。
それは、まだ未熟であったりって一時的なこともあれば、
自分のエゴを満足させるためにやってるひともいる。

エゴの求めるものはお金、称賛、支配欲の満足、
相談者を依存させて自分のために使ってるような、
バンパイア的な無意識行動でやってるひともいてるわけです。

相談したい!と思うときって、
どうしたらいいのかわからない・・と感じて、
どのひとも大なり小なり通常より混乱している。
いつもの判断力がなくなっている。
だから、いつもならわかるはずのこともわからなくなってる。

わたしのところに依頼くださる方って、
ブログ読んできてくださる方が多いせいか、
そういう混乱した感じの方はわりと少なくて、今後の仕事の展開とか、
節目を感じて生き方を考えたい、と言うような方が多い感じです。


最近のあまりにも霊感にかたよる電話占いの広告とか、
当たり外れにこだわってレビューする人たちとか見ちゃうと、
自分の人生をつくるのは自分だと認めないで、
まるで人に支配権を与えたがってる風に見えます。
夜中の電話占いとか、やっていて思いました。

自分の思いに答えてくれない誰かをなんとかしたい。
喧嘩してしまってゴメンってメールしたのに、
一日たったのに彼から返事がありません!
とか、そういう悩みとかは、ぐるぐる考えてて眠れなくて、
思い余って電話する感じなんだろうなって理解できます。
でも、相手の気持ちは自分の自由にはならないものです。
自分自身が充実してくると、そのことがわかってきます。

だれもがそうですが、若い時のほうが苦しいことが多いです。
それは、経験がないから。
トシをとると責任は増えるけど、たいていのことは、経験と慣れで、
だいたいなんとかなっていくってことがわかってくるから。

そういう若い人(及び気持ちだけ若い人)を相手に、
相手の気持を引き寄せてあげるよ、
願いを叶えてあげるよ、って言っちゃうのは、
すごい業をだなって思ってしまうま。



昨日、テレビとかによく出てらした(らしい、テレビないから知らない、爆)
有名な占い師さんに占ってもらいましたw
わあーうれっこ占い師ってこういうのなんだ~!って、ちょっと感心しました。
やっぱり、鑑定受けるのも勉強になりますね!
その方も以前、電話占いで経験を積んだそうですが、
きちんとした占術をもった占い師さんでした。
霊感を使わない占いはないと思います。
それをあえて霊感とうたうところが、あやしい・・・
って思ったほうがいいかも、って思った次第。


ものごとは逆に考える主義ですw



スポンサーサイト

テーマ : 占いカウンセリング
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

河童

Author:河童
河童です。

2014年4月おうし座のサビアンシンボルの絵本を自己出版しました。さし絵は吉田結妃さんの消しゴム版画でございます。タチヨミのページも用意してございますので、どうぞお立寄りくださいませ~。


職歴は、美容師の卵からはじまって、事務員、食堂のおばちゃん、パチンコ店員、居酒屋店員、占い師、介護職歴が一番長いです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
フリーエリア
フリーエリア
カテゴリ
お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。