スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-09-23 Tさまよりご感想いただきました。


ありがとうございました。

河童さま(とお呼びしてよろしいのですか?)

詳しい鑑定をありがとうございました。
性格がすごく当たっていると思います。
ご指摘の通り、人から理解されにくい面倒な性格なのでございます。
「人はなぜ生まれてきたのか。」「何のために生きているのか。」というのは子どもの頃からいつも興味がありました。
伝記をたくさん読みましたし、街中で出会った人をじっと見つめてしまう癖は未だに直りませんし、普通の市井の人の暮らしや、ハンデをお持ちでもチャレンジャーな人たちの生き方などなど、主人にあきれられるくらいものすごく興味があります。
今は、明治後半から第二次世界大戦前くらいの少し昔の女性の暮らしぶりなどが勉強できたらなぁ、なんて考るとワクワクします。
同時代の異国の女性の生活ぶりを比較するのも楽しいでしょうね。(私だけかも……。)
それを見通してしまった河童さんはすごいです。だって、たぶん、友だちも誰も私のそんな側面に気づいていませんもの。
私を求めて生まれてきてくれるコがきっといる筈、という件は涙が出そうになりました。意気地なしの私がどう応えるのか自分でもわかりませんが、そのような機会には河童さんの言葉を思い出すことにします。

質問はもう少し頭の中を整理してから伺います。
そんなに時間がかからないように致します。すみません。
取り急ぎお礼申し上げたかったのでした。


T



Tさま、ご感想ありがとうございました。

河童さまでも、オイ河童~でも、お好きにお呼びくださいませ(^^)

Tさんは、このとき。
16年も家族として共に生きてきた愛犬を亡くされていたんですね。
犬や猫はよく飼い主の転換期にいなくなったり死んでしまったりします。
Tさんもちょうど、火星期から木星期への以降の時期でした。
でもだからといって、わんちゃんの死はTさんの責任ではありませんね、
そんなことを思うとワンちゃんが悲しむでしょう。
それが節目というものだと言うでしょう。
失って得るものがあり、得ることで失うものがある。
とはいえ、ほんとうに何度遭ってもわかれはつらいです。
わかれには慣れることがありません。
お別れはつらいですが、わかっていただきたいのは、
犬や猫は人間よりも無意識の世界に生きていて、
それだから罪がないということ。

人間よりも罪がなく、そのため魂としての分離もないのです。
もしも、
もしも、また、新しい子がTさんの元にやってくることがあったら、
また愛を注いであげてください。
そのこはまちがいなく亡くなったワンちゃんと同じ魂の一部です。

本来は、わたしたち人間もそうだったわけですが、
この話しはまたちがうことになるので、ここではしないでおきますが。

ひとはなぜうまれ、なぜ生きるのか、なぜ死ぬのに生きるのか?
それを経験することが生きることなのかもしれません。
死を知ることで生を知る。
愛しい命との悲しい別れを知り、別れによって愛を知り、
出会いを大切に生きることをしるために、
わたしたちはその経験をするために生きているのかもしれません。

そして、最後に。
あなたの無上の喜びを追いかけてください。
ええ、ちょっとご主人があきれるくらい夢中になってみると、
それこそが、
実は究極の癒しの道であり、最高の開運の秘技であるのです。





河童

スポンサーサイト

テーマ : 占いカウンセリング
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

河童

Author:河童
河童です。

2014年4月おうし座のサビアンシンボルの絵本を自己出版しました。さし絵は吉田結妃さんの消しゴム版画でございます。タチヨミのページも用意してございますので、どうぞお立寄りくださいませ~。


職歴は、美容師の卵からはじまって、事務員、食堂のおばちゃん、パチンコ店員、居酒屋店員、占い師、介護職歴が一番長いです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フリーエリア
フリーエリア
カテゴリ
お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。